歯並び矯正に適した年齢とは

>

始める年齢によってどれだけ費用は変わるのか

子供の場合の歯並び矯正

歯並び矯正を子供の頃から始める場合、まず子供は乳歯から大人の歯への生え変わりというところが成長の過程で生じます。乳歯の時代から歯並び矯正を開始することは、次に生え変わる永久歯にも影響を与えるのです。
そのためお子さんの歯並び矯正の場合には、どのタイミングで矯正を開始するかによって、かかる費用は変化します。ちなみにどちらの場合でも一般治療には該当せず、子供の矯正治療であっても保険適用外の治療には変わりありません。一般的には乳歯の治療から始めると、40万円から60万円程度の治療費用がかかるといわれています。このほか、メンテナンスや装具のチェックなど、定期受診も必要です。
これらの総額について実際の矯正にかかった費用の相場としては、お子さんの年齢にもよりますが、おおむね60万円から80万円程度です。

大人になって始める歯並び矯正

大人になってから歯並び矯正を受ける場合ですが、その矯正方法によって費用の面では多少の違いがあります。一般的には大人が受ける矯正治療にかかる費用は50万円から100万円程度が相場です。
ただ、例えばワイヤー矯正でも金属製のワイヤーだけでなく、見た目に目立たないホワイトワイヤーなどを選べば、通常のワイヤー矯正より高額ですが、悪目出しを避けることができます。
またマウスピース矯正についても、単なるマウスピースだけでなく、加齢によって生じる黄ばみも一緒に解決できるホワイトニングを加える等、値段としては子供の治療よりも高額であるものの、治療内容を広げることもできます。
子供の治療では矯正を最課題として行われますが、大人の場合は審美の面を重要視しています。大人になって歯並び矯正を受けるのは、歯並びはもちろんお口全体の審美性を高めるメリットも得られるのです。


この記事をシェアする

トップへもどる