歯並び矯正に適した年齢とは

>

歯並び矯正を始めるのにポイントとなるお口の状態

年齢とお口の状態は矯正治療のポイントに

いくつになってからでも始められる歯並び矯正ですが、問題となるのは、お口の状態です。実はこの点が、年齢とも関係がある部分と言えます。
例えば、歯並び矯正を受ける場合には矯正を行う部位にワイヤーやマウスピースなどを設置して矯正治療を施します。設置された装具は基本的に、歯医者さんの指示によって設置され、矯正の効果が出るまで、ずっと装着することが求められます。こうした装具を設置するためには、お口の中が健康でなければなりません。歯周病や虫歯があれば、矯正治療はその患部の治療が終わってからでなければ行われないのです。
この点で特に大人は、虫歯や歯周病を発症するリスクが生じやすい環境にあります。そのためお口の中の状態によっては、すぐに歯並び矯正を受けることができないという可能性もあるのです。

セルフチェックも欠かせない

いくつになってもすぐに歯並び矯正を受けられる環境あるためには、お口の中が常に健康であることが求められます。例えば大人になってから歯並び矯正を受けたいとお考えならば、毎日のオーラルケアは欠かせないところ。加えてご紹介すれば、オーラルケアだけでなくお口の中がどのような状態にあるか、セルフチェックすることも大切なのです。
ご自身のお口の中の環境を把握しておくことで、実際に歯並び矯正を受ける際に、歯医者さんの説明も浸透しやすく、また疑問も明確に伝えやすくなります。
これは実際に治療を受ける際にもメリットになります。歯並び矯正で使用する装具の場合、例えばワイヤー矯正などの場合には、矯正治療が終わるまで装具をお口の中に装着し続けなければなりません。装具の影響で口内炎や歯周病を発症するリスクも増えるところですが、日々セルフチェックが為されていれば、早期に対応することもできます。


この記事をシェアする

トップへもどる