歯並び矯正に適した年齢とは

>

キレイな歯並びはいくつまでに整えるべきか

歯並び矯正はいつからでも始められる

歯並び矯正は、子供だけのもの。もし、そうお考えなら、結論から言えばその認識は間違えているといえましょう。実は歯並び矯正は、子供だけのものではなく、成長した大人からでも始めることができるのです。
その理由は、歯列矯正の手法がより高度になり、かつ様々な手法が改良されたことによります。遠い昔、歯列矯正といえば子供だけのものと認識されていたものですが、治療方法の進歩によって、誰でも受けられるものと進化したのです。
子供の場合には骨格などの細胞が柔らかく、矯正治療の影響が出やすいメリットがあるといわれています。骨や歯の土台となる組織が柔らかい方が矯正の効果が出やすいというのは、素人でも想像できるところではありましょう。
しかし、例え大人になっていても、今は歯並び矯正は誰でも受けられるものとなりました。

子供と大人で始める際の違いとは

歯並び矯正はいくつからでも始めることはできますが、その治療によって効果が出るのに年齢はある程度影響を与えます。ご紹介したように小さなお子さんの場合には、歯や歯を支える骨などはまだ柔軟性があり、矯正治療の効果が生じやすいもの。逆に大人になれば、骨も細胞もしっかりとしてしまうため、それが影響して効果の発生が子供よりも遅くなってしまう可能性はあります。
とはいえ、決して大人になって効果が出ないということではありません。人によって個人差はあるものの、適切な歯並び矯正を受け続けることで、矯正の効果は大人になってからでも生じます。
ただ、歯並び矯正はいくつになってからでも始めることは可能ではありますが、より若い方が効果は生じやすいと認識しておく方が良いでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる